仕手株の危険性とは、簡単に言えば人の心理を使った急騰急落の演出です。
実際に株を売買していると、銘柄の中にやたらと値動きの激しい物があります。
仕手筋とは、このような銘柄に対し多額の資金を使って銘柄を大量買い、大量売りを繰り返して株価操作を行い、株初心者から資金を奪う個人または特定の集団の事を指します。

仕手筋が本当に恐ろしく狡猾なのは大量の資金で銘柄の値動きを支配するのみでなく、投資家の心理を読む行動です。
初心者が負ける仕組みを理解した上で罠を張ります。

典型的なのは大勢が閲覧するであろうSNSや大手掲示板などで予め買い煽り、売り煽りを行います。
大人数で自演してカモを自身の銘柄に寄せ付けます。
SNSや大手掲示板の初心者は、仕手筋の煽りの書き込みに反応し、特定の銘柄をチェックします。
すると、ちょうど高値や安値といった状況です。

初心者は状況確認する前にその場で高値で買おうとします。
仕手筋はカモが高値買いを確認したと同時に手持ちの株を売り抜けます。
大量の資金が一気に抜けた事で相場は急落します。高値掴みの初心者は、損切りまたはホールドする他ありません。

インターネットのSNSと掲示板だけではなく、テレビを使って買い煽りを行う仕手筋もいます。
マスコミと結託して初心者に銘柄を注目させて、先のように買わせた所で売り抜けです。
仕手筋が相手では初心者は勝つことはほぼ無理です。
頭に血が上って何度も同じことを繰り返している内に資金の大半を失ってしまいます。

ではどうしたら仕手株の危険性から回避できるのかという疑問ですが、値動きをよく観察してください。
仕手筋によって株価操作された値動きと、自然な値動きはやはり違います。
仕手筋も人間ですので必ず値動きに癖が出ます。

どちらも感じられない初心者は、急騰急落銘柄に近づかない事です。
SNSや掲示板で買い煽りや売り煽りの書き込みが増えたら見ない、もしくは反応しない事です。
どうしても意見に影響される場合、完全に見ない事をおすすめします。
他の人間の意見をそのまま受け入れて行動する状態では勝てません。必要な情報は最小限、後は自分の技術で取るのが相場です。

仕手株を見分けるコツは?

仕手株を見分けるコツは違和感です。株価は材料によって上がりも下がりもします。
仕手筋の銘柄は材料がない場合でも急騰急落します。
なぜ大した材料もないのに銘柄が大きなボラティリティを維持できるのか考えてみてください。
株価を支配し操作している人がいるからであり、それが仕手筋というような考え方をしてください。

具体的な銘柄とは、低位株やボロ株です。
日頃は目立たない低位株やボロ株ですが、いざ急騰すれば美味しいと初心者は食いつきます。
安くで購入できるような環境で買いやすい状況とは、罠であり大きなリスクをはらんでいる事を認識しましょう。
その買いやすさやチャンスといった相場の雰囲気とは、仕手筋が用意したお膳立てです。
初心者デイトレーダー特有のその日に勝って終わりたい気持ちは、特に仕手筋に狙われやすいため注意が必要です。

仕手株を見分けて手を出さないコツは、意味がよくわからない値動きをする低位株やボロ株に手を出さない事です。
金融の世界では、美味しい話はなかなか転がっていません。
仮に一度仕手株で利益を取ったとしても次にうまくいくとは限らず、初心者はできるだけまともな銘柄を選びましょう。

仕手筋も負ける事はあります。初心者やカモとなる人達が釣り上げた株価に食いついてこない時です。
大金を使って値動きを演出しても誰も買わなければ、手数料は無駄になります。
そんな日が何日も続けば無駄な苦労をしたのみで利益は発生しませんので、見つけたら手出し無用が最善の対処法です。

初心者デイトレーダーにとって鬼門とも言える仕手筋の銘柄についてです。
投資とは本来、安心した状況で行ってもリターンは得られません。
どうなるかわからない苦しい時の買いほど伸びた時大きく実ります。
仕手筋による安心感は他の投資家にとって最大のリスクとなる事を覚えておいてください。